脊柱管狭窄症

  • 歩くと足の痛みやしびれが強くなり、休むと軽減される
  • 階段を上がる際に腰やお尻が痛くなる
  • 腰を反らせると痛みが強くなる
  • 立っていると辛いが、座っていると何ともない
  • 湿布や痛み止めで痛みを抑えている

脊柱管狭窄症とは?

背骨(脊柱)にある『脊柱管』と呼ばれる、脊髄の神経が通る管を取り囲む組織が、何らかの原因によって狭窄(狭くなる)することで起こる整形外科的な疾患をいいます。

50代から増加し、60~70代の方々に多く見られる疾患です。高齢者の10人に1人は腰部脊柱管狭窄症であり、推定患者数は約580万人と言われています。

脊柱管狭窄症の症状・原因

【症状】

最大の特徴は「長い距離を歩くことができない」ことです。

一定の距離を歩くと、休息し、また歩くという「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」がみられます。(休憩すると痛みが軽減します。)

腰部の脊柱管狭窄症には腰痛はあまり強くなく、安静時にはほとんど痛みはありません。背筋を伸ばしたりすると、太ももからひざ下にかけて痛みやしびれが出ることがあります。

症状が進行すると、足の力が抜けたり、尿の出が悪くなるなどの症状が現れます。

 

【原因】

加齢や仕事による負担や腰の疾患が原因で背骨が変形することで脊柱管が狭くなります。その結果、脊柱管の中の神経や血管が圧迫され血流が低下し、腰部や足の痛み、しびれなどの症状が現れます。

六花鍼灸整骨院での脊柱管狭窄症治療

 

●鍼灸施術
鍼や灸を使い、体のツボを刺激し、鎮痛や筋肉の弛緩効果で急性状態・慢性状態に適した施術を施します。

●インディバ

細胞の損傷を回復する事が出来るため、痛みをとり、体の内側・外側から温めてインナーマッスルを柔軟にします。

患部が熱感を持っている場合は、比熱モードで冷やしながら治療できます。

●猫背矯正
お体のゆがみを整え痛みのない身体を目指します。

歪みが整うことで肩や首の可動域を無理なく広げて頂けるようサポートします。

●骨盤矯正
骨盤は人体の土台ですので、これを整えることで全身に良い影響を与えます。

まずは基礎から見直すことで、姿勢改善を目指すことができます。

●楽トレ

複合高周波EMSを使用することにより 、無理なく簡単にインナーマッスル(深層筋肉)を鍛える事ができます。

 

六花鍼灸整骨院・整体院へお気軽にお問い合わせください

川端店

tel:0922638827

福岡市博多区上川端町5-111

川端店へのアクセスはこちら

博多駅前店

tel:0924324586

福岡市博多区博多駅前2-1-1朝日ビル地下2階

博多駅前店へのアクセスはこちら

TOPへ戻る